ももんがショーツのできた経緯など

 

どうして「ももんがショーツ」ができたのか
デザイナーの私は手術の経験があり体質が変わったのか、その当時(約10年前)しばらくいろいろと過敏症になってしまいました。

特に今まで穿いていたショーツ(ニット地のぴったりショーツ)を不快に感じる様になってしまいました。足の付け根の締め付け感が特に不快で、それからショーツはゴムなどで締め付けず、通気性の良いもの、また素材は気持ちの良いものが一番だと思う様になりました。
 

 退院して早速いろいろと好みに合ったショーツをと探したのですがなかなか見つからず、
結局後に「ももんがショーツ」となる原型を自分でデザイン製作したのが始まりでした。
その後幾度となくショーツを作り直しては訂正し、今の「ももんがショーツ」が徐々に出来上がっていったのです。
実際自分で毎日穿き続け、改めてこのショーツの良さを実感するようになりました。

私で良いのだから皆にもきっと良いはず!そう思った事が切っ掛けで商品化を進める事にしたのです。

 

「ももんがショーツ」はこんな方に
もちろんどんな方にもオススメできるショーツです。
ですが、特に術後の方、脚の浮腫みやすい方、男女特有のデリケートな悩みをお持ちの方(お下のかゆみや生理痛など)敏感肌の方、疲れやすい方などにオススメいたします。


また、これから入院&手術の予定がある方や治療中の方、毎日のケアショーツとしてオススメ致します。
スムーズなリンパの流れをイメージして、とにかく足の付け根、下腹部は締め付けず、通気性を良くすることが大事だと思います。

 

皆さまにメッセージ・・・
私は下着などの締め付け感に敏感になってしまった事から直接肌に触れる、特にショーツに対する思いにこだわりがあったのだと思います。
マッサージやヨガ、呼吸法などもやりつつ、体のケアも同時に取り掛かりました。
現在は、食生活や心身のケアも含め、締め付けない、通気性の良いショーツ「ももんがショーツ」の愛用者の一人でもあります。(約10年の愛用者!)

 

このショーツを穿いていても、すべての不快な症状がなくなるという訳ではありません。
しかし、日ごろから締め付けない、通気性の良い、またオーガニックな素材のものを身につけることで、かなり不快な症状の緩和に繋がると痛感いたしました。

最後に・・・
皆様の健やかな 「こころ と からだ」 のケア製品として「リラクゼーション・ももんがショーツ」もお手伝いできたら光栄です。

 

デザイン・製作 朝井奈々子